Choose life.

都内在住、Web制作会社にWebディレクターとして勤務。ロックンロールが好きです。

フジロックに持っていくべきおすすめの持ち物24選

f:id:remonz:20150811135349j:plain

 

フジロックが好きだ。去年初めて経験したけど、なんでもっと早く行ってなかったんだろうと後悔した。ただ、チケット代が高額で、社会人であれば休みが取れるかも分からないので3日間通しで確実に参加することもままならない。ホテルの手配や現地までの移動、服装や持ち物まで考えるとキリがない。

 

知り合いからも何を用意すればいいか分からないという話はよく聞く。せっかくなので、自分用の備忘の意味も含めて去年と今年で持って行って良かったものをまとめておく。

  

f:id:remonz:20150802192226j:plain

本当はこれで全てじゃないけど、ざっとこのくらいの装備は用意することになる。

 

f:id:remonz:20150802192227j:plain

  1. Helinox (ヘリノックス) チェアワン
  2. ARCTERYX (アークテリクス) アルファ FL 30
  3. LIFEPROOF iPhone
  4. Panasonic モバイルバッテリー 5,800mAh QE-QL202-W
  5. Anker Astro E5 第2世代 16000mAh モバイルバッテリー & Anker 20W 2ポート
  6. ライトニングUSBケーブル
  7. Casio 腕時計 PROTREK PRW30001AJF
  8. Ray-Ban 【国内正規品】RB2140F
  9. Columbia グラスバレーレインスーツ
  10. THE NORTH FACE Swallowtail Hoodie
  11. Columbia タイムトゥートレイルショーツ
  12. 宿泊分の着替え
  13. 化学繊維のTシャツ
  14. Columbia(コロンビア) ロングタイツ
  15. CHUMS(チャムス) Lanyard Original ランヤードオリジナル ネック ストラップ
  16. CHUMS Eco Small Wallet
  17. Gramicci JACQUARD MUFFLER TOWEL
  18. Columbia ウォマックIIポンチョ
  19. klean kanteen(クリーンカンティーン) カンティーンボトルワイドインスレート
  20. ORIGINAL Buff(R)
  21. LEDライト
  22. ミズノ MIZUNO スイムタオル
  23. mont-bell ポケッタブルライトパック 16
  24. ウェットタオル

1.Helinox (ヘリノックス) チェアワン

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

 

椅子は最重要アイテムです。特に背もたれ付きがおすすめ。フジロック期間中は各ステージを移動する時間もそこそこあるけど、グリーンステージで昼寝したり、オアシスで食事したりどこかに留まっておく時間も結構ある。そんな時、背もたれ付きの椅子があれば体力の消費もかなり抑えられるので椅子は必ず装備に含めた方がいい。特に小さく折り畳めてリュックにぶら下げておけるHelinox (ヘリノックス) チェアワンは重宝する。これは本当に買って良かったアイテム。

 

 

2.ARCTERYX (アークテリクス) アルファ FL 30

 3日分の着替えと全装備品を収納するリュックは最低30L程度は必要かと。好きなアウトドアメーカーのものを使えばいいと思うけど、忘れがちなのがリュック用の雨対策も必要なところ。各社リュック専用の防水カバーは売ってるので忘れずに買っておきたい。私が利用しているARCTERYX (アークテリクス) アルファ FL 30。完全防水でロールトップという潔うシンプルな仕様で見た目も良い。構造上、一方向(最上部から)からしか物は取り出せないし、そこは面倒くさいんだけど見た目のカッコよさと完全防水、あとは軽さに惹かれて購入した。金額的には安くないメーカーなので、コスパで見ればグレゴリーなどの老舗メーカーのものが良いかもしれない。別途書こうと思うけど、背中に当たる部分はメッシュ構造では無いのでそのまま背負うと真夏なんかは背中が汗でビショビショになる。別売りのミネルヴァのエアメッシュパネルを購入することをおすすめする。

 

 

3.LIFEPROOF iPhone 

こちらはiPhoneの防水対策。フジロックはアウトドアなので雨や泥、ホコリなど精密機器に悪影響を与えそうな要因は多い。そんな過酷な中でも、細かいことを気にせずガシガシ使えるのがLIFEPROOFという防水ケース。かなり頑丈な開閉構造(コインが無いと開閉出来ない。)なので、落下時も安心。付けたままでカメラの撮影、通話(相手方は聞こえにくいそうで、手のひらで声を集音するなどちょっとコツが必要かも)も可能。保証で「360日延長保証サービス」というものがあることからも防水に関してはメーカーの強気な姿勢が伺える。2年間使用してるが今年もiPhoneをがっちり守ってくれた。

 


4.Panasonic モバイルバッテリー 5,800mAh USBモバイル電源 ホワイト QE-QL202-W

デジタル機器の充電は会場内ドコモブース(毎年やっているのか?今年はオアシスエリアでやっていた)などでも可能だけど、モバイルバッテリーは用意していた方が安心。3日間通しで参加するのであれば1.5回分程度の充電量では少し心もとないかも。今年はこれを友人用のサブとして装備に加えた。

 

 

5.Anker Astro E5 第2世代 16000mAh モバイルバッテリー & Anker 20W 2ポート 

100%充電された状態で7回程度iPhone5Sを充電可能なモバイルバッテリー。3日間2台分のモバイル機器程度の充電であれば、これ1つだけで充分かもしてない。

 

 

6.ライトニングUSBケーブル

写真に写っているのはダイソーのライトニングケーブル。

アップル純正は金額が高いのと紛失が怖いので、アウトドア用にいくつかダイソーで購入しておくと良いかも。

 

 

7.Casio 腕時計 PROTREK PRW30001AJF 

フジロック期間中はタイムテーブルを基準に移動することが多いので、腕時計はあると便利。これはPROTREKの中でもいかにもゴツいタイプの山用時計では無いので、普段使いにも利用できる。時計は防水機能があり、汗対策にゴムバンドのものが便利だと思う。

 

 

8.Ray-Ban RB2140F 

会場は高所で日差しが強いので目が弱い人はサングラスを持ち込んだほうがいいだろう。夜間のステージ演出でもライトが強い場合があるので、自分としてはサングラスは必須アイテム。こちらも普段使いしているものを利用している。

 

 

9.Columbia グラスバレーレインスーツ

(コロンビア)Columbia グラスバレーレインスーツ PM0003-S15 425 Columbia Navy M

(コロンビア)Columbia グラスバレーレインスーツ PM0003-S15 425 Columbia Navy M

 

フジロックは傘禁止なので必然的に雨具を用意する必要がある。雨具は上を求めだすと、各アウトドアブランドはゴアテックスを利用した最上位モデル(上下セットで10万オーバーもざらにある)など用意しているが、上下セットで2万円弱のもので充分だと思う。さすがに3日間毎日土砂降りになれば厳しいかもしれないが、そうなればゴアテックスでもなんでも変わりないはず。各社が独自で開発しているゴアテックスの下位互換のようなモデルがたくさんあるのでそれを利用しよう。セール時にはより安くなるはずなのでフジロック期間の1ヶ月前などから始まるサマーセールなどで型落ちやセール品を購入するのが一番コスパが高い。

 

 

10.THE NORTH FACE Swallowtail Hoodie

会場は山中なので日中はある程度気温が上がっても夕方以降で冷え込む可能性がある。普段コンパクトに収納出来て、さっと羽織ることの出来る長袖の上着があればとても役に立つ。

写真ではユニクロのライトポケッタブルプリントパーカが写っている。 

 

11.Columbia タイムトゥートレイルショーツ

服装に関しては別記事にもう少し詳しく書こうと思うが、山登り、トレッキング用のハーフパンツがおすすめだ。山中なので虫刺されなど気にしたほうがいいかもしれない。今年はハーフパンツにアウトドア用のタイツを履いて参加した。また、ホテルでの寝巻き用にユニクロのハーフパンツ(写真右側)も持ち込んだ。

 


12.宿泊分の着替え

着替えなどは一日単位でジップロックにまとめるほうがいい。今回はアウトドアブランドのTシャツ、ユニクロのトランクス、アウトドア用のタイツ、登山用の靴下を一日分としてパッキングした。ちなみにパッキングの際は以下の用にたたむとコンパクトに収まって便利だ。

Tシャツも下着も全て同じ方法でコンパクトにまとめることが出来る。

 

 

13.化学繊維のTシャツ

上着はTシャツのみがおすすめ。ここでコットン100%ではなく、化学繊維が混紡された登山用などのTシャツであれば、汗をかいたときや雨に濡れた時も乾きが早く快適だ。

 

 

14.Columbia(コロンビア) ロングタイツ

もしハーフパンツを履いているのであれば、日差し、虫刺され対策にロングタイツを着用したほうがよい。グリーンステージやホワイトステージに向かう林などには普通にブヨや蚊がいるので対策は何かしらしておこう。

 

 

15.CHUMS(チャムス) Lanyard Original ランヤードオリジナル ネック ストラップ

財布や携帯など絶対に紛失出来ないものは首から下げておくことにしている。CHUMS(チャムス) はこういう際に使用するアウトドア用のストラップやカラビナなど可愛くておしゃれなものが多いのでおすすめ。

 

 

16.CHUMS Eco Small Wallet  

財布は普段使っているものよりコンパクトな専用の物を使っている。フジロック会場では基本的に現金しか利用出来ないので、数万円分の現金を所持している方がいいだろう。100円玉と1000円札を多めに持っていると便利だ。

写真にはGANBAN(フジロックオフィシャルショップ)特性の「フジロック×岩盤マルチパスケース(CHUMS製)」が写っている。

会場でのチケット交換の際にもらえるZカード(来場者全員に配られるタイムテーブル)がちょうど収まるし、小物入れに便利だ。携帯、財布小銭などは全部ここに突っ込んで置くのも良い。

 

 

17.Gramicci JACQUARD MUFFLER TOWEL

(グラミチ)Gramicci JACQUARD MUFFLER TOWEL GAC-14S506  C F

(グラミチ)Gramicci JACQUARD MUFFLER TOWEL GAC-14S506 C F

 

 タオルは複数枚持って行こう。タワレコやJEEPなどのスポンサーブースでも毎年キャンペーン(その場でモバイル会員登録など)を行っていて、現地調達することも可能。タオルは参加日数+1くらいはあってもいいかもしれない。

 

 

18.Columbia ウォマックIIポンチョ

(コロンビア)Columbia ウォマックIIポンチョ PU1030-S15 469 Carbon Flower M

(コロンビア)Columbia ウォマックIIポンチョ PU1030-S15 469 Carbon Flower M

 

 雨具はレインウェアを着用することにしてるが、今年はポンチョも装備に加えた。ポンチョはリュックを背負ったその上から被ることが出来るので、リュック用のレインカバーも兼ねて使用することも出来る。また、晴れた日はレジャーシート代わりに椅子の周りにでも広げてそこに荷物を置いたり、寝っ転がることも出来る。今年はシート代わりに使えてかなり便利だったので来年以降も持って行こうと思う。

写真に写ってるのはSIERRA DESIGNSのボーダー ポンチョだ。

 

 

19.klean kanteen(クリーンカンティーン) カンティーンボトルワイドインスレート

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) ボトルワイドインスレート 16oz リーフブルー 19320012410004
 

 水筒も必須では無いが、あれば便利なアイテムだ。冷たい飲み物を買ってその場で移し替えてもいい。また、空の水筒を持参すれば例年象印ブースで無料のお茶配布なども受けることも出来る。ただ、無料なので並びが結構キツイので無理することもないだろう。

 

 

20.ORIGINAL Buff(R)

ORIGINAL Buff(R) WILDHORSE ADULT

ORIGINAL Buff(R) WILDHORSE ADULT

 

ゴアテックスの帽子など被っていると、頭が蒸すのでBuffなど巻いておくと汗ムレも防ぐことが出来る。首に巻くことも出来るので日焼け対策にもいいだろう。

 

21.LEDライト

GENTOS(ジェントス) 閃 325 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間】 SG-325

GENTOS(ジェントス) 閃 325 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間】 SG-325

 

フジロック会場は夜間になると場所によっては、照明がステージからのライトのみとなる場合もある。グリーンステージを移動する場合に足元が真っ暗で見えないと他人の荷物やぬかるみに足を取られる場面が多々ある。最低限足元が照らせるライトがあればとても便利。撤収の際の荷物をまとめる時などライトが活躍することはあるので、荷物に余裕があれば持っておいて損はない。

 

 

22.ミズノ MIZUNO スイムタオル 

MIZUNO(ミズノ) スイムタオル サックス 85ZT75119

MIZUNO(ミズノ) スイムタオル サックス 85ZT75119

 

いわゆる、競泳用のタオル。会場にはいくつかの箇所で水遊び出来るような小川がある。日中に気温がものすごく上がる場合もあり、その際は冷たい小川近くが人気スポットになる。濡れた足をサクッと乾かす、急な小雨などの少々濡れた場面で水分を一瞬で吸収してくれるこのタオルは役に立つ場面が多い。

 

 

23.mont-bell ポケッタブルライトパック

荷物はARCTERYX (アークテリクス) アルファ FL 30に全て詰め込むが、会場内で歩きまわるには少々デカイし、かさばるのは嫌だ。こういう小さめのコンパクトに収納出来るリュックを別で用意しておいて、椅子、レインウェア、モバイルバッテリーなど必要最低限の荷物を詰め込んで歩きまわると体力の消費も抑えられる。本体のARCTERYX (アークテリクス) アルファ FL 30は事前にホテルの部屋、もしくはホテルのコインロッカーに預けるなどする。おすすめはしない(マナーの問題と盗難の可能性があるので)がグリーンステージにレジャーシートを敷いてそこに放置しておくなども考えられる。

 

 

24.ウェットタオル

エムズワン Ag+ 銀イオン配合 除菌ウェットタオル (50枚入)

エムズワン Ag+ 銀イオン配合 除菌ウェットタオル (50枚入)

 

飯を食べるとき、ちょっとした泥汚れを落としたいときなど使い捨てのウェットタオルなどあればとても便利だ。会場内では中々手を洗うことも場所によっては難しいので、持っていけば役に立つだろう。


服装などについてはまた別記事にもまとめようと思うが、大体持っていくものはこのくらいになる。これはあくまで参考例なので人によってはもう少しシンプルにすることも出来ると思います。

 

[2016/0620:追記]

服装について、記事を追加しました。

remonz.hatenablog.com

広告を非表示にする